So-net無料ブログ作成

「草間彌生 わが永遠の魂」 [アート]


「草間彌生 わが永遠の魂」
2017/2/22(水)~5/22(月)
国立新美術館


ここ数年は、アウトサイダーアートに関心があって、
2014年には近江八幡で行われた「アール・ブリュット☆アート☆日本」
にも訪れたのだった。

なぜアウトサイダーアートもしくはアール・ブリュットに
興味を持ったのかは、長くなるので過去のエントリを参照していただきたい。
草間彌生に関しても、アウトサイダーアートの人というイメージがあったのだが、
今回の展示を観て、そのイメージは凌駕された。
精神のバランスをとるために描いただけとは思えない。
彼女自身、確信をもって自身の作品をアートと認識している。

今回は、草間彌生の芸術活動全般を余すところなく伝える充実の展示だ。
前衛芸術家という言葉ではくくり切れない彼女の創作の魅力にふれることができた。

会場を入るといきなり、彌生ワールドが広がる。
2009年から取り組んでいるという大型絵画シリーズ「わが永遠の魂」が
隙間なく展示されためくるめく空間。
作品群はひとつとして同じものがなく、多様性に驚く。と同時に、
ものすごい熱量に圧倒されてしまう。
ほとばしる創作意欲を止められない。
そんな切実な思いがダイレクトに伝わって、なぜかしら泣きたくなるのだ。
無数の目、人の横顔といったモチーフの洪水に酔う。
少し離れてみれば、それが感情に任せて描いたものではなく、
細かに計算を尽くして描かれたものだということが分かる。
補色を意識したインパクトのある作品、
柔らかな色合いでやさしく寄り添う作品などをみるにつけ、
彼女の心にじかに触れたように感じた。
人のために描く作品ではなく、自分のために描く作品は
閉じているようにみえるが、そうした作品こそが
人の心に届き、共感を得るものだ。

個人的には、初期作品が特に心に残った。
デッサン力、色の選び方、構成力、
どれをとってもすばらしく練れていて
完成度が非常に高い。
加えて、模索している心情を如実に映していて、とても愛しい。

また、ニューヨーク時代に描かれたという
キャンバス全体に点を打った作品群も興味深かった。
一見、ただ点を描いただけに見えるが、ずっと観ていると
そのうねりが見えてきて、感情の動きのように思えてくる。

現代アートといえばわかりづらいといって敬遠する向きもあると思うが、
感情の発露としてみれば、非常に自然なものだ。
前衛芸術を追求すればするほど、
巡り巡って原始に還るのではないかと感じた。
ポップな見た目と相反して、揺れ動く心情を映す。
そうした草間彌生の画業を見るにつけ、
人は何のために生きるのか、という問いに還る。
kabocha.jpg
六本木の夜に怪しく光る巨大かぼちゃ

<展覧会ホームページ>
http://kusama2017.jp/




nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

『明るい夜に出かけて』 [本]

『明るい夜に出かけて』 佐藤多佳子 著


本作を知ったのは、やはり
FMヨコハマの「books A to Z」で、
金沢八景という言葉に、!となり、絶対に読まなきゃ、と思ったのでした。

物心ついたころから中学2年の終わりまで、
最寄りの駅は金沢文庫だった。
卒業した小学校は八景小学校だったし、遠足や地域の行事で
野島公園によく行った。
そして、ラジオの深夜放送になじんだのも、その頃。
小学校高学年のころからオールナイトニッポンや
文化放送の「天才秀才バカ」などなどをよく聴いていた。
また、20代で深夜残業をよくしていた頃、
帰宅の途中に見えるコンビニのあかりはとてもありがたかった。
遅い食事にありつけるだけではなく、
深夜に買い物をできるということに楽しみを見出したものだった。

そんな、愛するものたちに材を取った
敬愛する佐藤多佳子さんの作品が面白くないわけがない。
読んでみれば、その予想は外れることがなく、
何度も胸をきゅっとつかまれちゃったのだ。

主人公は、大学を休学してコンビニでアルバイトしている。
深夜のラジオ、アルコ&ピースのオールナイトニッポンを聴くことを
毎週の楽しみにしていた。
そんなある日、ひょんなことから同じ番組のリスナーと知り合う。
女子高生の佐古田はぼさぼさの髪にピンクのジャージで
深夜のコンビニに現れた。
コミュニケーションを苦手とする主人公は、
強烈なキャラの佐古田、コンビニの同僚でミュージシャンの鹿沢、
友人の永川たちとの交流を通して、しだいに友情を確かめていく。
まぎれもない青春小説である。
こうした出会いは、若いときの宝物だ。
みずみずしくて、せつなくて、だけどウエットな雰囲気がないのは
舞台である海沿いの街の陽気さゆえだろうか。

テンポの良い会話やSNSを駆使したコミュニケーション、
ニコニコ動画など、現代ならではのツールには今日的な感じがあるが、
根本をたどれば、若者のアイデンティティクライシスや
ディスコミュニケーションからの脱出といった普遍的なテーマが見てとれる。
人間関係で悩んだとき、救いとなるのはやはり人間なのだ、という
当たり前だけど忘れがちなことを思い出させてくれた。

深夜、という濃密な時間帯が効いている。
暗く沈み、しずまりかえったときにこそ、
吐き出せる本音はすくなくないだろう。
そうした言葉は、人の胸を打つ。

著者の作品に登場する人物たちは、どうしてこれほど魅力的なのだろうか。
せりふを発する声色までもが難なく想像できて、
彼らの会話に耳を傾けるほどにワクワクしてくる。

映像化したら……とふと思わせる。
と同時に、大切に守っていきたいと感じる小説だ。
個人的にはとても懐かしく、悩ましき時代を思い出させてくれた。


明るい夜に出かけて

明るい夜に出かけて

  • 作者: 佐藤 多佳子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/09/21
  • メディア: 単行本



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『清冽』 [本]


『清冽』詩人茨木のり子の肖像
後藤正治 著

昨年あまりにも読んだ本がすくなく、
ブログの更新も怠ったため、ことしはもうちっと
頻繁に本の記事を書こうと思ったのだが、
すでに前回のエントリから1カ月以上空いてしまった。反省。
というわけで、ことしの読書記事、一発目です。

…………………………

茨木のり子という詩人が好きなことは、
以前に世田谷文学館での展示を観に行った際に書いた
(リンクは本ブログ内の記事)

茨木のり子は、戦後を代表する女性詩人として知られる。
「倚りかからず」「わたしが一番きれいだったとき」
「自分の感受性くらい」といった代表作を
国語の教科書で読んだことがある人もすくなくないだろう。

重複するが、わたしが彼女の作品をきちんと読んだのは、
遺作となった『歳月』のブックレビューを書いたときが初めてで、
美しくてしなやか、だけどゆるぎない言葉に衝撃を受け、
たちまち魅了されたのだった。

それからは、折に触れて彼女の詩を読んだり、
ていねいな暮らしぶりがうかがえる
写真集『茨木のり子の家』を眺めたりしている。

本作は、ノンフィクション作家の後藤正治の手による。
茨木のり子の追悼に際して文章を書いたことをきっかけに
彼女の読者となり、その生涯を追ってみたいという思いから
評伝を試みたという。

長きにわたり交流のあった編集者、
甥であり『歳月』を編纂した宮崎治氏、
彼女の実家であった宮崎医院のお手伝いさんたちの談話、
あるいは詩人仲間の谷川俊太郎や岸田衿子らのことばから
茨木のり子の生涯、そして詩作の背景をひもといていく。

彼女の人柄を形容するのにふさわしい言葉は、“品格”であろうか。
岸田衿子、谷川俊太郎とも彼女の行儀のよさに言及している。
谷川は、加えて
「…(略)…僕の言い方でいえば言葉を生み出す源の無意識下がきれい過ぎる。そこが物足りない」
と言い、茨木が夫・安信氏との日々をつづった遺作『歳月』を
「無意識下を解放した」として高く評価したそうだ。

しかし、無意識に潜む弱みや愚痴などを
作品として表していなければ強い人間というわけではない。
むしろ、つねに自身の弱さと闘ってきた結果といえるのではないか。
というのは、彼女の詩作の背景に
重くのしかかるのは、戦争体験だからだ。
少女のころは第二次世界大戦中で、
何事もがまんしなければならない時代だった。
敗戦を迎え、彼女のなかで大きく育っていった戦争への疑問が
彼女の表現活動、ひいては日々の生活の骨格となっていったのだと思う。
そうした経緯を思うと、それでも前を向いて生きてきた
彼女のひたむきさに胸を打たれる。
読むほどに、一つひとつの言葉の重みを感じるのだ。

わたしはどこかで、茨木のり子を人生の手本のように思っている。
詩作そのものだけではなく、
シンプルだけど地味にならない美しさ、
ゆるぎない精神性、きめ細やかな暮らしぶりな、
彼女をかたちづくるすべてのものにあこがれを感じる。

もし今の時代に生きていれば、
話してみたかった、そう思わせる人である。
きっとこれからも彼女の存在を心の片隅に
感じ続けることになるのだと思う。

清冽―詩人茨木のり子の肖像

清冽―詩人茨木のり子の肖像

  • 作者: 後藤 正治
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2010/11
  • メディア: 単行本



nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

新年のご挨拶 [もろもろ]

あけましておめでとうございます。
みなさま、三が日をいかがお過ごしでしょうか。

元日。
毎年のことながら多摩川へ初日を見に行ったところ、
一歩出遅れ、すでに日が昇っていた。
01.jpg
ことしは天気がよく、雲がかかっていなかったためよく見えた。
幸先よさそうで、何よりだ。
のち、近くの氷川神社へ初詣。
011.jpg
小田急越しに富士山がくっきり

お正月の料理は、こんなふう。
02.jpg
手前左から紅白なます、松前かずのこ、きんぴらごぼう。
奥は、テリーヌと鶏肉のチャーシュー風。
松前かずのことテリーヌは市販のもの、ほかは自家製。
酒のつまみだなー。


2日。
昨年9月にリニューアル・オープンした
東京都写真美術館へ行く。
毎年1月2日は無料開室なので、
あまり関心のない展示でもとりあえず観るが、
今回の「東京・TOKYO 日本の新進作家vol.13」はたいへんよかった。
写真家たちが、それぞれの視点から切り取った
東京の風景はじつにさまざまで、多様な表現を見ることができる。
なかでも群を抜いているのは、やはり森山大道で、
どの作品よりも圧力を強く感じた。
感情を一切排した硬質な画面には、切り取られた
一瞬に充ちた空気が濃厚に写し取られ、
端的に街の本質を浮かび上がらせている。
その迫力に圧倒された。
対して、荒木経惟の目線はやさしい。
生活の隣にある場面を、同時に存在する事象とともに
ありのままに見せてくれる。これが現実だよ、と。
飾ったりごまかしたりしない、オープンマインドな画面に安らぐ。

東京の風景はよく知っているはずだけれど
さまざまな角度、解釈から切り取られていて新鮮だ。
建物や看板などが写りこんでいると、
これはどこだろうと思わずじっくり見つつ、
自分の記憶と重ね合わせて共感を得ようとする。
すなわち、ノスタルジーを求めているのだ。
写真は記録のメディアであるため、
そうしたみかたをする人も少なくないだろう。

04.jpg
恵比寿名物バカラのシャンデリア。夜のほうがきれいだろうな

03.jpg
こんな方々とも遭遇

のち、目黒雅叙園で行われている「寿ぎのお正月展」へ。
友人がきものファッションショーに出るというので
誘われたのだが、きらびやかなきものをたくさん見られて満足した。


3日。
これまた近場の調布不動尊布多天神社へ、あらためて初詣。
一年を心身ともに健康に過ごせるように、切に祈る。
おみくじは、「吉」と出た。
春の暖かさと明るさが出てくる運気、ということだ。

ぼんやりしている暇もあまりなく、明日から仕事だ。
さて、ことしはどんな年になるか。
とくに目標もたてないけれど、
何かしらチャレンジしていければと思っている。

みなさまに幸多かれと祈りを込めて。
本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
05.jpg


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016年とは [もろもろ]

このブログもずいぶんと放置してしまった。
ネタはいくつもあるのに、アップする時間がなかなかとれず
気がつけば年末だ。

さて、先週から忘年会シーズンまっただ中で
焼肉、イタリアン、和食、カレー、スペイン料理、中華と
ワールドワイドな飽食の日々がつづいた。
というところで、ようやく年末年始休暇だ。

2016年の反省点としては、まずブログの更新を怠ったこと。
その理由は、ひとえに読書量の激減にある。
いま現在の通勤が最混雑の時間帯にあたるため、
文庫本を手にすることもままならず、本を読む機会は格段に減った。
また、自宅の積ん読本消化キャンペーン中ということも一因なのだと思う。
なぜかといえば、
手持ちの本を読む→返さなくていい→読書スピードが落ちる
という、ごく自然な図式にのっとった結果にほかならない。
ことしの完読冊数は、わずか25冊。今までの最低記録ではなかろうか。

さらには、映画に関していえばたったの1本という体たらくだ。
いったい何をしていたのかといえば、
単純に、出かけていました。
公私ともども外出する機会が多く、家にほとんどいない1年だった。
自宅よりも仕事場、ライブ会場、美術館、スポーツクラブ、飲み屋(フッ……)に
いる時間が増えて、必然的に人とよく会って話した。
とくに後半は、今後大きな変化を伴う(かもしれない)
出会いや動きがあったと感じている。

2017年は、それをどうつなげて展開していくかが
課題となってゆくのだろう。

動くこと、変わることをいとわず、
でも無理をせずに外に出ていきたい。
この期に及んで落ち着く気配はまったくありませんので、
2017年も変わらずおつきあいいただけるとありがたく存じます。

IMG_2389.JPG
ほんじつの水餃子。 どれもこれもおいしゅうございました
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感