So-net無料ブログ作成
検索選択

『清冽』 [本]


『清冽』詩人茨木のり子の肖像
後藤正治 著

昨年あまりにも読んだ本がすくなく、
ブログの更新も怠ったため、ことしはもうちっと
頻繁に本の記事を書こうと思ったのだが、
すでに前回のエントリから1カ月以上空いてしまった。反省。
というわけで、ことしの読書記事、一発目です。

…………………………

茨木のり子という詩人が好きなことは、
以前に世田谷文学館での展示を観に行った際に書いた
(リンクは本ブログ内の記事)

茨木のり子は、戦後を代表する女性詩人として知られる。
「倚りかからず」「わたしが一番きれいだったとき」
「自分の感受性くらい」といった代表作を
国語の教科書で読んだことがある人もすくなくないだろう。

重複するが、わたしが彼女の作品をきちんと読んだのは、
遺作となった『歳月』のブックレビューを書いたときが初めてで、
美しくてしなやか、だけどゆるぎない言葉に衝撃を受け、
たちまち魅了されたのだった。

それからは、折に触れて彼女の詩を読んだり、
ていねいな暮らしぶりがうかがえる
写真集『茨木のり子の家』を眺めたりしている。

本作は、ノンフィクション作家の後藤正治の手による。
茨木のり子の追悼に際して文章を書いたことをきっかけに
彼女の読者となり、その生涯を追ってみたいという思いから
評伝を試みたという。

長きにわたり交流のあった編集者、
甥であり『歳月』を編纂した宮崎治氏、
彼女の実家であった宮崎医院のお手伝いさんたちの談話、
あるいは詩人仲間の谷川俊太郎や岸田衿子らのことばから
茨木のり子の生涯、そして詩作の背景をひもといていく。

彼女の人柄を形容するのにふさわしい言葉は、“品格”であろうか。
岸田衿子、谷川俊太郎とも彼女の行儀のよさに言及している。
谷川は、加えて
「…(略)…僕の言い方でいえば言葉を生み出す源の無意識下がきれい過ぎる。そこが物足りない」
と言い、茨木が夫・安信氏との日々をつづった遺作『歳月』を
「無意識下を解放した」として高く評価したそうだ。

しかし、無意識に潜む弱みや愚痴などを
作品として表していなければ強い人間というわけではない。
むしろ、つねに自身の弱さと闘ってきた結果といえるのではないか。
というのは、彼女の詩作の背景に
重くのしかかるのは、戦争体験だからだ。
少女のころは第二次世界大戦中で、
何事もがまんしなければならない時代だった。
敗戦を迎え、彼女のなかで大きく育っていった戦争への疑問が
彼女の表現活動、ひいては日々の生活の骨格となっていったのだと思う。
そうした経緯を思うと、それでも前を向いて生きてきた
彼女のひたむきさに胸を打たれる。
読むほどに、一つひとつの言葉の重みを感じるのだ。

わたしはどこかで、茨木のり子を人生の手本のように思っている。
詩作そのものだけではなく、
シンプルだけど地味にならない美しさ、
ゆるぎない精神性、きめ細やかな暮らしぶりな、
彼女をかたちづくるすべてのものにあこがれを感じる。

もし今の時代に生きていれば、
話してみたかった、そう思わせる人である。
きっとこれからも彼女の存在を心の片隅に
感じ続けることになるのだと思う。

清冽―詩人茨木のり子の肖像

清冽―詩人茨木のり子の肖像

  • 作者: 後藤 正治
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2010/11
  • メディア: 単行本



nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

新年のご挨拶 [もろもろ]

あけましておめでとうございます。
みなさま、三が日をいかがお過ごしでしょうか。

元日。
毎年のことながら多摩川へ初日を見に行ったところ、
一歩出遅れ、すでに日が昇っていた。
01.jpg
ことしは天気がよく、雲がかかっていなかったためよく見えた。
幸先よさそうで、何よりだ。
のち、近くの氷川神社へ初詣。
011.jpg
小田急越しに富士山がくっきり

お正月の料理は、こんなふう。
02.jpg
手前左から紅白なます、松前かずのこ、きんぴらごぼう。
奥は、テリーヌと鶏肉のチャーシュー風。
松前かずのことテリーヌは市販のもの、ほかは自家製。
酒のつまみだなー。


2日。
昨年9月にリニューアル・オープンした
東京都写真美術館へ行く。
毎年1月2日は無料開室なので、
あまり関心のない展示でもとりあえず観るが、
今回の「東京・TOKYO 日本の新進作家vol.13」はたいへんよかった。
写真家たちが、それぞれの視点から切り取った
東京の風景はじつにさまざまで、多様な表現を見ることができる。
なかでも群を抜いているのは、やはり森山大道で、
どの作品よりも圧力を強く感じた。
感情を一切排した硬質な画面には、切り取られた
一瞬に充ちた空気が濃厚に写し取られ、
端的に街の本質を浮かび上がらせている。
その迫力に圧倒された。
対して、荒木経惟の目線はやさしい。
生活の隣にある場面を、同時に存在する事象とともに
ありのままに見せてくれる。これが現実だよ、と。
飾ったりごまかしたりしない、オープンマインドな画面に安らぐ。

東京の風景はよく知っているはずだけれど
さまざまな角度、解釈から切り取られていて新鮮だ。
建物や看板などが写りこんでいると、
これはどこだろうと思わずじっくり見つつ、
自分の記憶と重ね合わせて共感を得ようとする。
すなわち、ノスタルジーを求めているのだ。
写真は記録のメディアであるため、
そうしたみかたをする人も少なくないだろう。

04.jpg
恵比寿名物バカラのシャンデリア。夜のほうがきれいだろうな

03.jpg
こんな方々とも遭遇

のち、目黒雅叙園で行われている「寿ぎのお正月展」へ。
友人がきものファッションショーに出るというので
誘われたのだが、きらびやかなきものをたくさん見られて満足した。


3日。
これまた近場の調布不動尊布多天神社へ、あらためて初詣。
一年を心身ともに健康に過ごせるように、切に祈る。
おみくじは、「吉」と出た。
春の暖かさと明るさが出てくる運気、ということだ。

ぼんやりしている暇もあまりなく、明日から仕事だ。
さて、ことしはどんな年になるか。
とくに目標もたてないけれど、
何かしらチャレンジしていければと思っている。

みなさまに幸多かれと祈りを込めて。
本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
05.jpg


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016年とは [もろもろ]

このブログもずいぶんと放置してしまった。
ネタはいくつもあるのに、アップする時間がなかなかとれず
気がつけば年末だ。

さて、先週から忘年会シーズンまっただ中で
焼肉、イタリアン、和食、カレー、スペイン料理、中華と
ワールドワイドな飽食の日々がつづいた。
というところで、ようやく年末年始休暇だ。

2016年の反省点としては、まずブログの更新を怠ったこと。
その理由は、ひとえに読書量の激減にある。
いま現在の通勤が最混雑の時間帯にあたるため、
文庫本を手にすることもままならず、本を読む機会は格段に減った。
また、自宅の積ん読本消化キャンペーン中ということも一因なのだと思う。
なぜかといえば、
手持ちの本を読む→返さなくていい→読書スピードが落ちる
という、ごく自然な図式にのっとった結果にほかならない。
ことしの完読冊数は、わずか25冊。今までの最低記録ではなかろうか。

さらには、映画に関していえばたったの1本という体たらくだ。
いったい何をしていたのかといえば、
単純に、出かけていました。
公私ともども外出する機会が多く、家にほとんどいない1年だった。
自宅よりも仕事場、ライブ会場、美術館、スポーツクラブ、飲み屋(フッ……)に
いる時間が増えて、必然的に人とよく会って話した。
とくに後半は、今後大きな変化を伴う(かもしれない)
出会いや動きがあったと感じている。

2017年は、それをどうつなげて展開していくかが
課題となってゆくのだろう。

動くこと、変わることをいとわず、
でも無理をせずに外に出ていきたい。
この期に及んで落ち着く気配はまったくありませんので、
2017年も変わらずおつきあいいただけるとありがたく存じます。

IMG_2389.JPG
ほんじつの水餃子。 どれもこれもおいしゅうございました
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スガシカオ@豊洲PIT [音楽]


SUGA SHIKAO LIVE TOUR 2016 「THE LAST」~ENCORE~
10/21(金)
豊洲PIT

スガのワンマンライブは、驚くことに
2013年9月28日のZepp Divercity以来で、
それから3年の間はJ-WAVE LIVEとCOUNTDOWN JAPANと
サマソニしかチケットが取れなかったのだった。
今年6/24にkokuaのライブは観たけれど、
スガ名義ではないのでノーカウントとする。
今回は、おそらく豊洲PITのアクセスがよろしくないため
敬遠されて、チケットが取りやすかったのだと思う。
わたしは職場から近いので、逆にラッキーだった。


久々のワンマンは、やっぱりテンション上がるよ。
オープニングは「赤い実」。いきなり濃厚なナンバーで
会場の温度が一気に上がる。
次いで「19歳」、そして
最新アルバム「THE LAST」からのナンバーが
次々に繰り出され、なんとも豪華なセットリストに酔いしれた。
今回のアルバムは完成度が恐ろしく高くて
(小林武史プロデュースの功績は、かなり大きい)、
ライブでどう再現するのかものすごく楽しみにしていたのだが、
予想以上にライブ向きの曲ばかり、という印象を受けた。
「真夜中の虹」「アストライド」は感動!
「おれ、やっぱ月に帰るわ」「愛と幻想のレスポール」は
歌詞のテンポと重めのビートの絶妙なバランスが楽しい。
また、「ふるえる手」の独特な世界観には、スガの新境地を感じた。

さらには、来年デビュー20周年を迎えることを記念しての
「20周年感謝のわくわくメドレー」が楽しかった!
デビュー曲の「ヒットチャートをかけぬけろ」から、
初期のアルバムの曲など、レアなナンバーが聴けてめちゃくちゃうれしい!
何曲歌えるかな、とスガは言ったけれど、
わたくし全曲歌えてしまったよ(自慢)。

そして、今回のツアーで封印するという「夜空ノムコウ」を演奏。
あらためて、しみじみいい曲だと思う。
それに、つくづくギターが上手い。歌も魅力的だ。
ひところ、ガッサガサの声でシャウトばかりしていたけれど、
ここ数年はとてもていねいに歌っていて、気持ちよさそうだ。
そういえば、この日は定番の「progress」をやらなかったか。

スガの音楽の最大の特徴は、その独特な歌詞にあって、
彼自身の経験や思考から生まれてきたリアリティーが
リスナーを惹きつける。
わたしたちの住む世界と地続きで、決して
ファンタジーに逃げ込むことはない。
街に住む人々の不安、日常的ないらだち、
そうした感情をもちながらも生きていく
わたしたちと同じ目線で語られる歌詞は、いつでも
心にそっと寄り添い、ゆさぶるのだ。
そんなスガの音楽を聴き続けて、約20年とは早いものだ。
来年5月には、スガフェス開催決定!
すでにチケットは入手済みだ。
さて、どんな試みをみせてくれるのか。
今からわくわくしながら待っている。


THE LAST (初回限定盤 CD+特典CD)

THE LAST (初回限定盤 CD+特典CD)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2016/01/20
  • メディア: CD



Progress

Progress

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2016/06/01
  • メディア: CD



nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「ダリ展」 [アート]


「ダリ展」
2016/9/14(水)~12/12(月)
国立新美術館


大きな仕事がひと段落したので、
ちょっと一息ついている。
とはいえ、次の仕事が(すでに)スタートしているので
まとまった休みなどとれない。
ゆえに、小休止。
いまのうちにできることをしようと思って、
まず思いついたのは、美術館めぐりだ。


さっそく足を向けたのは日本橋高島屋で開催されている
「日本美術と高島屋」10/12(水)~10/24(月)
横山大観、富岡鉄斎、前田青邨など
高島屋と交流のあった日本画家たちの作品がずらりと並ぶ。
所蔵作品から約60点を展示しているが、これほど見事な
コレクションを所蔵しているとは知らなかった。
「豊田家・飯田家 寄贈品展」も同時開催されている。
どちらも入場無料! お時間ありましたら、ぜひ。

<高島屋ホームページ>
http://www.takashimaya.co.jp/


そしてお次は、「ダリ展」だ。
ダリは開催されるごとに観ているし、
フィゲラスのダリ美術館も、
マドリッドの国立ソフィア王妃芸術センターも、
パリはモンマルトルのダリ美術館も行ったので、すでにあらかた
観てしまったのではないかと思っていたのだが、
恐ろしく多作の作家であるため、まだ全然網羅できていないのであった。
すべてを見つくすことなんておそらくできないだろう。
初見の作品は、思った以上にあったのだった。

今回の展示は、油彩をはじめドローイング、オブジェ、ジュエリー、
書籍、映像などを含め約250点という充実ぶりだ。
初期作品から始まり、モダニズムの探求、シュルレアリスム時代、
ミューズとしてのガラ、アメリカへの亡命……と、ほぼ時系列に展示される。
一つひとつの作品の濃度が高いため、途中で少々見飽きるが、
ダリの全貌を知るという意味では、よくできている。

初期作品は、ほぼ10代で描いたもの。
ダリが暮らしたカダケスの風景や祖母の肖像など身近なものに
材を取っていて、その技術の確かさには目を見張る。
とても10代の若者の手によるとは思えない完成度なのだ。
若い時分からこれだけ描ければ、そりゃ楽しいだろう。
また、順を追って観ていくにつれ、
キュビスム風、ピュリスム風、古典主義など
当時の美術界の動きに応じた作品が登場する。
そうしてあらゆる作風を模倣しつつ自身の世界を確立していくのだが、
どれを観てもある程度こなしているところがすごい。
豊かな発想が評価される作家ではあるが、その根本には
どんな作品も描くことができる技術の高さがあることがよくわかる。
逆に言えば、どんな作品でも描けるからこそ、
独特な作品世界を展開することができたのだ。

なかでも衝撃的だったのは、
《幻想的風景 暁(ヘレナ・ルビンスタインのための壁面装飾)》
《幻想的風景 英雄的正午(ヘレナ・ルビンスタインのための壁面装飾)》
《幻想的風景 夕べ(ヘレナ・ルビンスタインのための壁面装飾)》
の3部作。
壁一面を占める大迫力サイズで、ダリの世界がさく裂する。
飛ぶ鳥と人物のダブルイメージ、空のグラデーションが本当にすばらしい。
深遠なるダリのインナーワールドを旅するみたいだ。

また、《ポルト・リガトの聖母》はバリエーションが何作かあり、
今まで何度か観ているはずだが、
ガラへの深い慈愛が豊かに表現されていて、いつ観ても感動する。

さらには、映像作品《デスティーノ》では
ダリの作品に登場するモチーフたちが躍動していて、たいへん面白かった。

観るところが多すぎて、とても言葉につくせない。
会期はまだ始まったばかりなので、
気になる方はお時間のあるときにお出かけください。
ダリのめくるめく世界を旅すれば、
ストレスも解消!できるかもしれません。


<ダリ展 オフィシャルサイト>
http://salvador-dali.jp/

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート