So-net無料ブログ作成
検索選択

「PK」 [映画]

第9回したまちコメディ映画祭in台東
「PK」
9/18(日)
上野恩賜公園 不忍池水上音楽堂


考えてみたら、今年に入ってから一本も映画を観ていなかった。
もう9月もなかばだというのに。いったい何してたんだろ。

というわけで、
友人(映画評論家)に誘われて久しぶりに観た映画はインド映画だ。
ひところのインド映画といえば、大人数のダンスシーンや
大げさなラブシーンが必ず出てくる、つくりが粗い作品が多かったが、
昨今のボリウッドは、だいぶ様子が変わってきたようだ。
脚本が緻密に練られ、ていねいにつくられた良作も多いとのこと。
今作は、スマッシュヒット作となった「きっと、うまくいく」の
監督と主演俳優のコンビネーション作の第2弾である。


宇宙からインドに降り立った青年は、
宇宙船を呼ぶためのリモコンを盗まれ、帰れなくなってしまった。
リモコンを取り返すためにはどうすればいいか?
人に尋ねたり自分で考えたりした結果、
神様に願えばかなうのではないかという思いに至る。
そしてあらゆる神様にお願いをするのだが、
願いがかなえられる気配はまったくない。
人々のすることにいちいち疑問を投げかける青年は
変人扱いされ、“PK”(酔っ払い)と呼ばれる。
そんなPKは、宗教の矛盾や人々のウソに
直球で切り込んでいき、それを面白く感じた
テレビ局の番組で、ヒンドゥー教の導師と対決することになる。
はたしてPKは無事に宇宙に帰ることができるのか……?

宗教というセンシティブなテーマを、
これだけのエンタテインメントに仕上げた監督の大胆さに感嘆する。
恋愛あり、ダンスシーンあり、さらには緊迫した社会情勢を
反映した場面もあり、あらゆる要素が盛り込まれているが、
トゥーマッチ感があまりないのは、中心に一貫したテーマが
どっしり据えられているからだろう。
しかしなんといっても、独特かつ愛嬌たっぷりの
PKのキャラクターが効いている。

PKが行く先々でかかわる人々との会話は
子供が大人の社会に投げかける疑問のように純粋で、
だからこそ大きな波紋を呼ぶのだが、それをきっかけに
さまざまな矛盾に気づく人々のリアクションもまた面白い。

壮大なスケールで始まったときは着地点がまったく見えなかったが、
最後にきれいに収まるストーリー展開が見事。
スカッと笑えて、最後にはホロリとさせる。
PKを好きにならない人はいないだろう、と思わせる
チャーミングな作品だ。

<公式サイト>
http://pk-movie.jp/


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「SUMMER SONIC 2016」その2 [音楽]

「SUMMER SONIC 2016」
8/20(土)21(日) QVCマリンフィールド&幕張メッセ


2日目。
メッセ会場から。
まずは会場全体を徘徊して、ブースをのぞいたり、ビール飲んだり。
ss2.jpg
ふらりとRAINBOW STAGEをのぞくと、
スタンディングドラムとギターという変な編成のバンドがいた。
「SLAVES」というのだそう。
初めて聴いたけれど、パワフルでおもしろかった。


ss3.jpg


MAYER HAWTHORNE @MOUNTAIN STAGE
照明が落ちて音楽が流れると、
ステージ中央でグラスを傾けるおしゃれな男性が
やおら立ち上がり、マイクへと向かう。
その男は、MAYER HAWTHORNE! 小粋な演出が憎いね。
現代にクラシック・ソウルをよみがえらせた彼の音楽は、
古いのか新しいのかよくわからないけれど
完成度はひじょうに高く、聴きどころをきちんと押さえている。
TEARS FOR FEARSのカバーや、
昨年はTUXEDOで聴いた「Do it」なども演奏してくれた。
会場全体が心地よいグルーブに包まれ、思わず体も揺れる。
大人の音楽の時間を堪能した。

Man About Town

Man About Town

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Bmgri
  • 発売日: 2016/04/08
  • メディア: CD




METAFIVE @SONIC STAGE
メンバーがすごいよ。
高橋幸宏、小山田圭吾、砂原良徳、TOWA TEI、ゴンドウトモヒコ、LEO今井。
日本の音楽の最先端を突っ走る人たちによって結成されたユニットで、
2014年から活動しているそうだが、全然知らなかった。
音はピコピコ系のシャレオツな感じで、めちゃくちゃカッコいい。
ステージを彩るVEもおもしろくて、見入ってしまった。

METAHALF

METAHALF

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2016/11/09
  • メディア: CD




THE YELLOW MONKEY @MARINE STAGE
再結成したのだそうです。
吉井和哉のライブは何度かみたことがあるが、
THE YELLOW MONKEYははじめてである。
ほおお、こういうメンバーだったのか、と今頃知った次第。
オープニングに流れたのは、まさかの♪ル~ルルル~
なんと、由紀さおりが登場したのだ。
そして吉井和哉が現れ、
ふたりで「夜明けのスキャット」をデュエットという
サプライズな演出に、会場もどよどよしていた。
「新人バンドです!」なMCを交え、「BURN」「楽園」
「SPARK」といった代表曲から新曲までを披露。
そして最後には、「JAM」。
イントロが流れ始めるとものすごい歓声があがった。
THE YELLOW MONKEYはこれからどこへ行こうとしているのだろう。
再結成したからには、新たな面を見せてくれることを期待したい。

MOTHER OF ALL THE BEST

MOTHER OF ALL THE BEST

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: アリオラジャパン
  • 発売日: 2013/12/04
  • メディア: CD




サカナクション @MARINE STAGE
最近の人気バンドなので
アルバムは2枚くらい聴いたけれど、じつはピンとこなかった。
文学的な歌詞もメロディもよいのだけれど、
印象としてはスマートすぎてひっかかるところがない。
休息と席確保のために成り行きでみたのだが、
やはりつかみどころのない音楽だと感じた。
オーディエンスをあおるフロントマンのパフォーマンスは
すごかったのだけれど……。

懐かしい月は新しい月 ~Coupling & Remix works~ (Blu-ray付き初回限定盤)

懐かしい月は新しい月 ~Coupling & Remix works~ (Blu-ray付き初回限定盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2015/08/05
  • メディア: CD




RADIOHEAD @MARINE STAGE
待ちに待ったRADIOHEAD。
フルメンバーをみるのは2008年のさいたまスーパーアリーナ以来だ。
ステージは「Burn The Witch」で幕を開け、
ニューアルバムの収録曲が次々に演奏された。
アップテンポの曲はあまりなく、どちらかといえばゆったりとした選曲。
すわってまったりみるのにふさわしい。
トムは時折、「ありがと」「どーも」なんて短い日本語を話したり、
キャハハッと笑ったり、ご機嫌な様子だった。
ソロ名義のライブとは、やはり雰囲気が違う。
メンバーがいると安心するのだろうか。
過去のナンバー「2+2=5」「Airbag」など、また
耳なじみの「Lotus Flower」なども披露。
そして、アンコールでは
みんなが待ち焦がれていた「Creep」を、意外なほど淡々と演奏した。
フェスにあるまじき20曲以上のフルセットは
なんとも贅沢で幸せな時間だったけれど、もうおなかいっぱい(笑)。
ライブ終わりには、お決まりの花火がどどーんとあがって、
ことしの夏も無事に終わりました。

ア・ムーン・シェイプト・プール

ア・ムーン・シェイプト・プール

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Hostess Entertainment
  • 発売日: 2016/06/15
  • メディア: CD




今回は、それほどみたいアーティストが多くなかったので、
ゆるゆる行こうと思っていたのだが、
結果的にはずいぶんみてしまった。
一日に5~6本もライブをみると、やはりさすがに疲れる。
来年こそは体力温存でいこう、と思いつつ会場を後にした。
ss1.jpg




nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「SUMMER SONIC 2016」 その1 [音楽]

「SUMMER SONIC 2016」
8/20(土)21(日) QVCマリンフィールド&幕張メッセ


IMG_2208.JPG
毎年夏のお楽しみ。
ことしはRADIOHEADとUNDERWORLDの出演が決まった時点で
絶対行く!と決めたのだった。
それにしても悩ましいのが、みたいアーティストの
ステージが重なっていること。
MARK RONSONもLARRY GRAHAMもみたかったけど、
まさかのRADIOHEADの真裏ですから、あきらめました……。



1日目の朝は大雨だった。
野外のステージばかりみる予定だったので
このままずっと雨だとしんどいなあ、と
なかばユウウツな気分で出発したら、途中から
どんどん晴れてきて、会場に着いたころには真夏の陽気!

1発目!
星野源 @MARINE STAGE
マリンステージに飛び込んだ瞬間、始まった。
きたよ、さわやかな好青年。
焼けるような日差しのなか、
ニコニコしながら楽しそうに歌い踊る姿が、とてもかわいらしい。
「夢の外へ」「SUN」「Crazy Crazy」などなど、
好きな曲ばかりで、一緒に歌ったりして。
みている人も、みんな笑顔になる。楽しいステージだった。

YELLOW DANCER (通常盤)

YELLOW DANCER (通常盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2015/12/02
  • メディア: CD




cero @GARDEN STAGE
真夏に似合う、ソウルフルな音楽。
マットな声は官能的で、耳に心地よい。
フルートの清涼感あふれる音色もよかった。
海からの風もさわやかに……と思ったら、時折雨も降る。
でも、わりとすぐにやんで、虹も見えた。
野外で聴く「SUMMER SOUL」は最高だった。

Obscure Ride 【通常盤】

Obscure Ride 【通常盤】

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: カクバリズム
  • 発売日: 2015/05/27
  • メディア: CD



ハナレグミ @GARDEN STAGE
8年ほど前からこの人の音楽を聴いているのだけれど、
ライブは初めてなので、ほんとうに楽しみにしていた。
何しろ、声がいい。トークも軽妙だ。
そして、得も言われぬグルーブ。
あまりにも心地よすぎて、途中で激しく降ってきた雨もなんのその、だ!
ラストの「おあいこ」がすばらしかった。
ずるいのは、彼だよ。

深呼吸(初回限定盤)

深呼吸(初回限定盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2016/05/25
  • メディア: CD



IMG_2222.JPG


ALESSO @MARINE STAGE
小休止のためマリンフィールドに戻る。
ビールのみながら屋台で買ったカオマンガイ(旨!)を食べつつ、
横耳で聴いていたのだけれど、
EDMの威力はほんとうにすごい、と驚いた。
場を圧倒する音量と暴力的なビートに
あっという間に飲み込まれてしまう。
眼下に揺れるスタンディングの波が恐ろしいくらいシンクロしていて、
ぜんぜんみるつもりじゃなかったけれど、
貴重な瞬間に立ち会ったような気がした。

Forever

Forever

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Def Jam
  • 発売日: 2015/05/26
  • メディア: CD




UNDERWORLD @MARINE STAGE
20年ほど前から、新譜が出るたびに
必ず聴いているが、ライブははじめて。
一生に一度は体験したいと思っていた。
エレクトロはそれほど好きではないのだけれど、
この方たちは別格なのです。
アートワークも素晴らしいし、プロデュース力が半端なくすぐれている。
そのパフォーマンスを直で観てみたい、とずっと思っていた。
シンセが置かれたきりのシンプルなステージから
繰り出される音楽は完璧に練り上げられていて、
めくるめくワールドにどっぷり浸る。
ニューアルバムから「I Exhale」「If Rah」を演奏、
つづいて「Two Months Off」。
最新のナンバーに過去曲も盛り込んだ、
サービス精神旺盛なセットリストだ。
ラストは「BORN SLIPPY」!
最高潮に盛り上がったところでステージの上空に花火!
これ以上のパフォーマンスはないだろう。
いやあ、コーフンしました。

Barbara Barbara, we face a shining future

Barbara Barbara, we face a shining future

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Astralwerks
  • 発売日: 2016/03/18
  • メディア: CD





上原ひろみ×熊谷和徳 @GARDEN STAGE
途中からでもぜったいみたかった、どちらかといえば熊谷和徳を。
和くんのステージをみるのは、4回目だ。
一時期は頻繁にライブをやっていたけれど、
New Yorkに移住した後は、あまりやっていなかったかな。
そんなわけで、お久しぶりです♪
ジャズピアノとタップという組み合わせを
斬新だと思う人はすくなくないだろう。しかし、
タップはダンスというより、音楽そのものなのだ。
過去に何度かステージをみているが、そのたびに
あれほど自然に音楽を奏でる体はみたことがない、と思っていた。
選曲がよかった。ガーシュウィンだもの。
上原さんが弾いて、和くんが踏む。
ジャズの真骨頂、インプロヴィゼイションの極み。
あまりにもステキすぎて、めまいがした。
そこにゲストとして参加したのは、なななんとハナレグミの永積くん。
上原さんがお願いして急遽出演が決まったとのこと。
夜空に響く永積くんのスイートヴォイスに
上原さんのドラマティックなピアノ、和くんのタップが絡み、
もう、言葉にならないくらいすばらしかった。
このままずっと続けばいい、と思ったほど幸せな時間だった。
いいものみたなあ!

SPARK(初回限定盤) SHM-CD + DVD

SPARK(初回限定盤) SHM-CD + DVD

  • アーティスト: 上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2016/02/03
  • メディア: CD




余韻がなかなか冷めないまま、会場を後にして、宿へ。
2日目につづく☆
IMG_2227.JPG







nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽