So-net無料ブログ作成

『薄情』 [本]


『薄情』 絲山秋子 著


女性作家をあまり読まないなかで、
絲山さんは別格だ。
なにしろ、今まで刊行された作品をほとんど読んでいる。
月並みな表現で申し訳ないが、
絲山さんの文章は、しっくりくるのだ。
違和感なく入り込んできて、すみずみまでしみわたる。
これほどまでに好きになった女性作家は私にとってはただひとり。
たいへん貴重な方なのです。


地方都市で神職の後継ぎとして暮らす宇田川静生は、
人には深入りせず、つかず離れずの距離を保っている。
深刻な場でも無意識ににやついてしまう癖があり、
何に対しても本気になれない自分を自覚している。

そんななか、高校の後輩の蜂須賀(女子)と再会したり、
東京からやってきたアーティスト鹿谷さんと出会ったりして、
静生の生活は思いもかけぬ方向に動いていく。

鹿谷さんの“変人工房”で出会う人々、
大学時代の友人、近所の人……。
さまざまな人とのつきあいのなかで、
静生はまるで鏡に映る姿を見るようにして、
自分自身の内面を見つめていく。

このままこの土地でずっと生きていくのか。
このままだれとも深くかかわることはないのか。
このままずっと、心が落ち着く場所を見つけることはできないのか。

いちど土地を離れて再び帰ってきた蜂須賀の存在が効いている。
このタイミングで現れた彼女は、
思いもかけず、静生にとって大きなきっかけとなった。
簡単に恋愛関係になることなく、
きちんと言葉を交わすことのできる彼女を通して、あるいは見つめて
静生は自身の姿を確かめていくのだった。

自分自身を完全に理解することなんてできない、と
わたしはいつも思っている。どちらかといえば
他人の目に映る姿のほうが本当の自分なのではないか。
自分が気づかない部分も他人は見ているのではないかと思う。
そう考えると、自分の本当の姿なんてどこにもなく、
人と会うごとにつねに変わり続けているのかもしれない、
などと思えてくるのだ。

著者は、いままでさまざまな土地を舞台に小説を書いてきた。
山陰、名古屋、九州、パリ……。
いずれもひじょうに丁寧に描写されるため、
自然とその情景を思い浮かべることができた。
しかし、なかでも今回の舞台となる群馬は別格だ。
著者自身が現在暮らす土地であることもあり、
並々ならぬ愛情が感じられる。
駅前の街もロードサイドも山並みも、著者が描くことで
たちまち色鮮やかになり、そこに息づく人たちの表情までも思い浮かぶ。
脳内で勝手に映像化が進んでいく。

さらりと語られる方言も魅力的だ。
頻繁に用いられる“行き合う”という言葉のやわらかさに思わずほころんだ。
“出会う”というほど断定的でなく、
いずれは別れ行くことを予想させて、どことなく切ない。
そうしたなかで人と出会うことの意味を考えさせられる。

クルマ好きな著者ゆえにドライブの場面が多く、
そこにインサートされる群馬の風景が印象的だ。
ペーパードライバー歴10年以上のわたしでさえ、
クルマを運転したいという気分になってしまった。

伸びやかな自然に包まれる群馬の土地を駆け抜けたい。
そうして解放されたら、
心がしっくり落ち着く場所が見つかるかもしれない。

ちなみに、すこし前に出た著者の『街道(けぇど)を行ぐ』は
本書の副読本として、たいへん参考になります。
合わせてどうぞ。

薄情

薄情

  • 作者: 絲山 秋子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2015/12/18
  • メディア: 単行本



絲山秋子の街道を行ぐ

絲山秋子の街道を行ぐ

  • 作者: 絲山秋子
  • 出版社/メーカー: 上毛新聞社出版部
  • 発売日: 2015/10/16
  • メディア: 単行本



「立川談春 新春独演会2016」 [舞台]


「立川談春 新春独演会2016」
1/11(月・祝)
よみうりホール


成人の日。
だから、というわけではないが
きものを着てお出かけした。
きもので都会に出るのは初めてで、ちょっとドキドキ。
何故かというと、落語を聞きに行ったから。
雰囲気づくりというか、カッコから入るというか、そんなところです。

父親が落語好きで、子供のころから
落語の本をよく読まされたり、笑点を一緒に見たりしていたし、
大人になってからは、仕事で知り合う人に
落語好きが多かったので、生で観る機会は今までもたまにあった。
だけど、そのほとんどは寄席もしくは何組も出演する会だったので、
独演会は今回が初めてだ。
しかも演者は、
昨年から各メディアへの出演などが
話題となっている立川談春。
談春さんの新春独演会は、
いまたいへんなプレミアムチケットらしい。
きものを通じて知り合った方にお声をかけていただき、
幸運にも行く機会を得たのです。

**************

演目は「明烏」と「子別れ(下)」。
両方とも落語ファンならだいたい知っている
メジャーなもの、とはいえ、わたくし
ほかの人のをきちんと聞いたことがないので絶対評価しかできない。


“まくら”は、
昨年後半からつづくメディアのお話。
わたしは実は一度も見ていないのだが、
ドラマ「下町ロケット」への出演が好評だったそうだ。
ドラマ出演のエピソードやその感想などを、
自虐を込めてとても楽しそうに語ってくれた。
また、先月28日に放映された
自身の著作のドラマ化である「赤めだか」についても、
もうそれだけでひとネタになりそうなほど、聴きごたえがあった。
こちらはたいへんな豪華キャストで、
嵐の二宮くんが談春、ビートたけしが談志、
香川照之が志の輔を演じた。それについては
周りからおもしろおかしくクレームがついたとか、つかなかったとか。

しかしそれはただの前振りで、
本題の演目に入ると、一瞬で真剣な面持ちになり、
会場全体の空気ががらっと変わって、おおっという感じ。


「明烏」は話の行く末がわかっていても
思わず笑ってしまう、愉快な話。
ドライブ感にあふれていて、
気がついたら物語世界に引き込まれ、
若旦那はじめ登場する人物たちの
小気味よいやりとりを存分に楽しんだ。

対して「子別れ(下)」は、
酒癖と女癖の悪さがもとで離縁した夫婦が
けなげな息子の手回しのおかげで元の鞘に収まるというもの。
せりふの妙を楽しむとともに、息子の一生懸命な姿にほろりとする。
いわゆる“いい話”なんだが、そういうのも悪くない。


今更だけれど、落語ってたいへんな芸だ。
一人で何でもやらなければならないから、
人物の切り替えも場面転換も自由自在。
言葉から想像される世界の広がりを感じさせられる。
登場人物たちの人柄、
彼らが歩く街の様子、出会う人々の様子などなど、
とても自然に映像を思い浮かべることができるって
やはりすごいと思う。
談春さんは、そうした切り替えがとても自然でスムーズで、
緩急のつけ方も見事だ。
良くも悪くも話者を感じさせないとも思ったが、
そこのところを、演者はどうとらえるのだろう。
自身の個性が前面に出るほうがよいのか、
それとも話のおもしろさを際立たせたいのか。
あるいは両方を目指すのか。

古典落語はとくに、誰もが知っているネタばかりだから、
古くからのファンは、いろんな人を聴き比べたり、
その時の調子の良し悪しまでわかったりするものなのだろう。
そんなふうに厳しい目が多くあるなかでも、
連綿と続く芸を全身全霊をかけて伝えていこうとする
人たちに敬意を感じずにはいられない。
身ひとつで物語を表現するとは、
これぞまさにエンターテインメントの極み。

ことし一発目の舞台鑑賞が落語とは、また
思いもかけない出来事でした。
今までまったく知らなかったのだが、
落語がかかる小屋は、都内にも相当あるらしい。
ちっちゃなところで全然知らない人を見るのも
おもしろいのかもしれないね。

IMG_2046.JPG




赤めだか (扶桑社文庫)

赤めだか (扶桑社文庫)

  • 作者: 立川 談春
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2015/11/20
  • メディア: 文庫



シンネンノゴアイサツ [もろもろ]

わたくし、ことしは年女でごザル。
何巡目かはさておき、節目の年ということで
年相応に
きちんとした大人になりたいと思う今日この頃……。
なんて考えるのは新年はじまって数日のことで、
日常に戻ればまた目の前のことに手いっぱいで、
自転車操業のような毎日になるんだろう。

昨年は9月ころからとにかくあわただしく、
常に速足のような感じで、
心身ともに余裕がなかった。
ああ、よくないな。
ことしはもう少しゆったりと、ぐるりを見渡していければと思う。

初詣は近隣の寺社仏閣へ。
毎年訪れる天神さんでおみくじをひいたら、
大吉! わーい。
“朝日が昇る、大いなる幸運”と。あら、うれしい。
IMG_2027.JPG

毎年願うのは、やはり健康です。
日々健やかであれば、心もおのずと穏やかになるもの。
焦らず、たゆまず、精進してゆきます。

皆様にも幸多かれと、祈りを込めて。
ことしもよろしくお願い申し上げます。
IMG_1989.JPG