So-net無料ブログ作成

「14th TOKYO JAZZ FESTIVAL」 [音楽]


「14th TOKYO JAZZ FESTIVAL」
2015年9月4日(金)5日(土)6日(日)
東京国際フォーラム


ことしの東京ジャズは、3日間開催。
ハービー・ハンコックと
ウェイン・ショーターはじめ
観たいアーティストが多くて選べず、
行くかどうか迷っていたとき、
バンド仲間のギタリストがラリー・カールトンを観たいと言ったので、
じゃ、行くか!ということに相成りました。
というわけで、最終日の昼公演を鑑賞。

メニューは以下の3組。

12:30~
エリ・デジブリ・カルテット featuring アヴィシャイ・コーエン
with Special Guest 山中千尋

13:25~日野皓正 & ラリー・カールトン SUPER BAND
featuring 大西順子、 ジョン・パティトゥッチ、 カリーム・リギンズ

14:30~ハービー・ハンコック & ウェイン・ショーター


一番手のエリ・デジブリは
イスラエル出身のサックスプレイヤー。
ベースとドラムのシンプルな編成で
スタイリッシュな音楽を奏でる。
抜け感のあるクリアな音色が心地よい。
途中から参加した
トランペットのアヴィシャイ・コーエンもすばらしかった。
おひげモジャモジャの風貌からはちょっと想像しづらい
明るい音色にはっとさせられる。
レッド・ホット・チリ・ペッパーズのワールドツアーに
ゲストとして参加したこともある、注目のプレイヤーだそうだ。
また、中盤から山中千尋が加わりピアノが2台になると、
途端に音の厚みが増し、ゴージャスなサウンドに。
短時間のステージながらも、多彩な音楽を聴かせてくれた。

クリフ・ハンギン Cliff Hangin'

クリフ・ハンギン Cliff Hangin'

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SONG X JAZZ Inc
  • 発売日: 2015/08/26
  • メディア: CD



ダーク・ナイツ [日本語帯・解説付] [輸入CD]

ダーク・ナイツ [日本語帯・解説付] [輸入CD]

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Anzic / King International
  • 発売日: 2014/07/20
  • メディア: CD




二番手は、日野皓正とラリー・カールトンの
二大スター共演。
ラリー・カールトンのギターが、やっぱりとてもいい。
楽器というより、カラダの一部になっているようで、
まるで歌うように自在に奏でていた。
テクニックがすごいのはもちろんだけれど、
それを感じさせないメロディアスな音に聴き惚れる。
終始、楽しそうに演奏する姿が印象的だ。
そして、そこに日野皓正の
シャープなトランペットが攻撃的にからんでくると、
途端にスリリングになる。何が起こるか分からない雰囲気に包まれる。
イメージとしては相性悪そうだけれど、意外にも
お互いがトリガーになっているようで
ちょっとしたバトルの様相を呈していて、おもしろかった。
ギターに比べてトランペットのほうが
少々音が大きすぎるような気もしたが、
ライブだから、それもまた良し。
大西順子のアグレッシブなピアノも素敵だった!

ソー・ホワット~ジョー・ヘンダーソン&菊地、日野イン・コンサート

ソー・ホワット~ジョー・ヘンダーソン&菊地、日野イン・コンサート

  • アーティスト: ジョー・ヘンダーソン,ジョー・ヘンダーソン,マイルス・デイヴィス,菊地雅章,菊地雅章,日野皓正
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルクラシック
  • 発売日: 2015/10/07
  • メディア: CD



アローン・バット・ネヴァー・アローン

アローン・バット・ネヴァー・アローン

  • アーティスト: A.Malotte,A.Malotte,ラリー・カールトン,ラリー・カールトン,ラリー・カールトン
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルクラシック
  • 発売日: 2015/09/30
  • メディア: CD




そしてラストは、ハービー・ハンコックと
ウェイン・ショーターの奇跡的なユニット。
ハービー・ハンコックがピアノもしくはシンセでフレーズを奏で、
ウェイン・ショーターがそこに、
ソプラノとテナーの2台をそのときどきに合わせて持ち替え、
深く濃密な音をのせていく。
おそらく、ものすごく大まかな流れだけ決めてあって、
あとはほぼインプロヴィゼイションなのだろう。
ハービー・ハンコックの姿がスクリーンに映し出されると、
なんとも楽しそうな表情をしていた。
完全に、音で遊んでいる!
鍵盤のフレーズやシンセで鳴らすサンプリングに
ウェイン・ショーターがどう応えるか、
そのリアクションを楽しんでいるよう。
まるで一問一答の会話のようだった。
実験的かつ前衛的なのは、工学博士でもある
ハービー・ハンコックならでは、なのかもしれない。
二度と再現できないような、不思議な音楽だった。

演奏を終えてウェイン・ショーターがひとこと。
“Never give up”
意外な言葉にみな爆笑。
そうしてあっさりステージを去ったふたりに
大きな拍手が贈られた。

ザ・ニュー・スタンダード+1

ザ・ニュー・スタンダード+1

  • アーティスト: Herbie Hancock,Kenny “Babyface” Edmonds,Kurt Cobain,Stevie Wonder,The Artist Formerly Known As Prince,ピーター・ガブリエル,ハービー・ハンコック
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルクラシック
  • 発売日: 2015/09/30
  • メディア: CD



ジュジュ

ジュジュ

  • アーティスト: ウェイン・ショーター,ウェイン・ショーター,ウェイン・ショーター
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルクラシック
  • 発売日: 2015/09/30
  • メディア: CD




この日のプログラムは、三者三様。
今まで聴いたことのない音楽を
たっぷり聴くことができて満足した。
終演後は屋外のオープンスペースで行われている
無料ライブを楽しむつもりだったのだが、
思ったよりも雨が強くなってきてしまったので、
早々と退散して有楽町のガード下に向かっちゃったのでした。

<東京ジャズオフィシャルサイト>
http://www.tokyo-jazz.com/

nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「野火」 [映画]


「野火」(2014)
FIRES ON THE PLAIN
日本
7/25公開

監督:塚本晋也
製作:塚本晋也
原作:大岡昇平
脚本:塚本晋也
撮影:塚本晋也
出演:塚本晋也、リリー・フランキー、中村達也、森優作


本作は、大岡昇平の小説の映像化。
塚本晋也は20年前に映画化を企画したが、
資金の都合により、実現できなかったそうだ。
それでもあきらめずに思い続け、
このタイミングでの公開に至ったといういきさつに、
監督の強い意思がうかがえる。
戦後70年を迎えたいま、
戦争体験者は年々少なくなっている。
だからこそ、戦争の記憶をつないでいくこと、
忘れないでいることが大切なのだという
強いメッセージがこめられている。


太平洋戦争末期のフィリピン・レイテ島。
田村一等兵は肺を病み、野戦病院への入院を命じられるが、
病院で追い返され、再び部隊に舞い戻ってくる。
ところがそこでも厄介払いされ、行き場を失って
ジャングルをさまよい歩き始めた。

飢えに苦しみ、行く先を見失い、
ただその時を生きるために歩くうち、
田村は一部隊と巡り合い、同行することになるが、
その道は過酷で凄惨を極めるものだった。

攻撃を避けながら歩き続けるうちに
体力を失い動けなくなった人々、死んだ人々。
ほんの少しの食糧を分け合いながら、生き延びようとする人々。
充分な食料をもたない彼らを襲ったのは、激しい飢餓だった。
そのため彼らは生死をかけて仲間同士で争い、果ては
死んだ仲間の肉を食らってまでも生き延びようとする。
極限状況に置かれた人間の狂気。
そのすさまじさは耐えがたい。

空、海、ジャングル……。
田村が歩みゆくなかにインサートされる美しい風景が
凄惨な場面とコントラストをなし、強く印象に残った。
いつもと同じくそこにある美しい自然のなかで、
人間はなぜ、無意味な戦いを止められずにいるのだろう。

映像のインパクトは強烈だ。
心して観に行ったはずだけれど、
思った以上に衝撃を受けてしまった。
だけれど、本作を観ることができて良かった。
どんなことにせよ、知ることは大切だと思っている。


<オフィシャル・サイト>
http://nobi-movie.com/
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画