So-net無料ブログ作成
検索選択

「エリック・サティとその時代展」 [アート]


「エリック・サティとその時代展」
7/8(水)~8/30(日)
Bunkamuraザ・ミュージアム


エリック・サティ(1866~1925)は
19世紀後半末から20世紀初頭に活躍した音楽家である。
芸術家たちが多く住んだモンマルトルで、
ピカソやピカビア、ブラック、マン・レイらと交流を深めるなか、
多くの作品を生み出した。

本展覧会は「第一章 モンマルトルでの第一歩」をはじめとする
5つの章で構成される。
サティと同時代に活躍した芸術家たちとの交流を通して
サティの姿を浮かび上がらせる。

サティは音楽家であるから、
自身の作品と呼べるのは手稿の類である。
サティの手による楽譜は思ったよりも見やすく、シンプルであるが、
ときおり雑に消した箇所や書きなおした痕跡などがあって、
思索のプロセスが見えるのが興味深い。
少しクセのある音符や文字も味わい深く、
それだけ眺めても面白いものだ。

また、サティにとって生涯唯一の恋愛相手であった
シュザンヌ・ヴァラドン(画家モーリス・ユトリロの母親)を
五線紙にスケッチした作品は、何ともいえずかわいらしかった。
サティが絵を描く意外さ、愛する人を描く純粋さ、
五線紙(をタテに使って)描くという生活感に親近感がわいてくる。

同時代に活躍したロートレックやピカソ、ピカビアらの
作品はもちろん見ごたえのあるものばかりだが、
サティ自身の手によるさりげない作品をひとつ観るほうが、
彼の核心により触れることができるように感じられる。

なかでもおもしろかったのは、
バレエ・リュス「パラード」の再演映像である。
個人的には、昨年の夏に行われた
魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展」の続きとして観た。
(リンク先は当ブログ内の記事)

ディアギレフ率いるバレエ・リュスの舞台は、
衣裳と舞台芸術をピカソ、脚本をコクトー、
そして音楽をサティが手がけた贅沢なものだ。
いま観てもたいへん先鋭的で、
アイデアとユーモアがあふれている。
古典的なバレエから飛び出した
モダンでアクロバティックな動きは
先がまったく読めず、一瞬たりとも目を離せない。
時代の先端を走る芸術家たちが額を集めて、
お互いに切磋琢磨しながら作り上げた舞台のなんと濃厚なこと。
まさに、良き時代に生まれた傑作である。

サティの独特な音楽はいまでは多くの人に愛されているが、
発表当時はその不自然な音の運びに
違和感を覚える人も多かったのではないだろうか。
それが耳になじむうちに心地よさに変わり、いつしか
名作と呼ばれるようになっている。

サティの音楽が広く知られるようになったのは、
当時を代表する芸術家たちとの交流があったからこそだろう。
彼の身近に芸術を解し、奨励する人々が集っていたために
サティの音楽の価値が正しく評価され、
見いだされたのではないだろうか。
そう考えると、芸術が育つ環境はとても大切だ。
世に知られることがなければ、
それはないものと同じことになってしまうから。

<展覧会サイト>
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/15_satie/

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

「ターミネーター:新起動/ジェニシス」 [映画]

「ターミネーター:新起動/ジェニシス」(2015)
TERMINATOR:GENISYS
アメリカ
2015/07/10公開


監督:アラン・テイラー
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、ジェイソン・クラーク
   エミリア・クラーク、ジェイ・コートニー、イ・ビョンホン


本作については賛否両論あるだろう。
(いちおう)シリーズの5作目として、マンネリ感があるとか、
年をとったシュワルツェネッガーが登場するのはいかがなものかとか、
さまざまな意見があるに違いない。
だが、1作目からすべて
(テレビシリーズのサラ・コナー クロニクルズも含めて)
ウオッチしてきた私としてはやはり、見逃せなかった。

本作は2029年から始まる。
ジョン・コナー率いる抵抗軍が勝利を目前にした時、
機械軍は、ジョンの母サラ・コナーを抹殺するべく
殺人サイボーグ、ターミネーターを1984年に送る。
そして抵抗軍は、
それを阻止するためにカイル・リースを過去へ送った。
そこでカイルが目にしたものは、
自ら闘うサラ・コナーの姿と、それを守るT-800だ。
かよわい女子大生だったサラはなぜ戦士となっているのか。
そして、なぜT-800が彼女を守っているのか。
謎は明かされないまま、新たな謎が投入される。
カイルが記憶する2017年の出来事とは――。

約30年前に公開されたときの場面をなぞりつつ、
過去を書き変えたことによって生じたズレを見せていく。
新たな展開を忙しく追いながらも、
おなじみの場面や懐かしいせりふに、ふっと和む。
年をとったシュワルツェネッガーが
自虐的な言葉をはさむのもご愛嬌だ。

過去作品に比べると
キャストのインパクトが弱いのはたいへん残念だが、
思っていたよりも楽しめた。
個人的には液体金属のT-1000が大好きなので、
再び見ることができてうれしい。

本シリーズは、2作目で一度完結していると考えている。
3作目はまったく別物、4作目は前日譚、あるいは外伝のようだ。
この5作目では、新たなシリーズに突入したのではないか。
過去シリーズの時間軸でのストーリーは収束し、
それとは異なる時間軸、いわゆる
パラレル・ワールドでのストーリーが始まった。
災厄は葬ったように見えるが、大きな謎が残されている。
サラ・コナーのもとへT-800を送ったのは何者だろうか。

次回作を期待してしまうが、
たいへん複雑化したストーリーを
収束させることができるのかが気になる。
もはやエンドレス。
あるいはライフワークに突入してしまったのだろうか……。

<オフィシャル・サイト>
http://www.terminator-movie.jp/

「グローリー/明日への行進」 [映画]


「グローリー/明日への行進」 (2014)
SELMA
アメリカ
6/19公開

監督:エヴァ・デュヴァネイ
出演:デヴィッド・オイェロウォ、トム・ウィルキンソン
   カーメン・イジョゴ、ジョヴァンニ・リビシ
   ティム・ロス、オプラ・ウィンフリー、コモン


本作は、1965年3月、アメリカのアラバマ州セルマで起こった
血の日曜日事件を題材に、
マーティン・ルーサー・キングJrの闘いを描く。
1988年、「ワールドアパート」
「クライフリーダム」(邦題は「遠い夜明け」)など
アパルトヘイト関連の映画が相次いで公開。
また、1992年には「マルコムX」が公開されるなど、
黒人差別問題に関する映画は一時期とても多くみられた。
しかし、キング牧師の生涯を描く映画は今まで一度も作られなかったそうだ。
血の日曜日事件から50年後の本年、初の映画化となる。


ノーベル平和賞を受賞したキング牧師は、
有権者登録を妨害するアラバマ州での抗議運動に注力していた。
州知事は極端な差別主義者であり、運動は難航を極める。
そんななか、選挙権を求めた人々が
セルマから州都モンゴメリーまでデモ行進を行うが、
警官隊による凄惨な暴力によって制圧されてしまった。
血の日曜日事件である。
そのようすはテレビなどで報道され、全米を揺り動かす。
キング牧師が再びデモ行進を行うため、呼びかけたところ、
人種の壁を越えて全米からさまざまな参加者が集まってきた。
そして群衆は再び、選挙権を求めて歩み始めるのだった――。

本作で描かれるのは、1963年の教会爆破事件から
1965年8月に投票権が成立するまでの一時期である。
ジョンソン大統領の働きかけにより、
1964年に公民権法が制定されたとはいえ、
その後も黒人差別はまったく収まっていなかった。
差別感情の強い南部ではなおさらである。

人種差別の歴史は根深く、簡単には排除できない。
それを非暴力で成し遂げようとした
キング牧師の苦悩は並大抵ではなかった。
運動を進めるため、人々を守るため、そして家族を守るために
ひとりの男として、父親として、牧師として、葛藤を繰り返す。
そうした姿が描かれるにつれ、
キング牧師の人物像がしだいに浮き彫りになってくる。
センセーショナルな事件を題材にしてはいるが、
ここで描かれるのは、そうした最中に苦しみ抜いた人間の姿だ。
史実をひもとくだけでは見えてこないキング牧師の素顔が新鮮だ。

キング牧師のスピーチの場面は圧巻。
なかでもやはり、ラストのスピーチはすばらしかった。
全身を傾ける情熱と言葉の力が心に響く。

人々の心を動かし、社会を変えたキング牧師の軌跡にふれるとともに、
いまだに世界中で廃絶できない人種差別の根深さを思わずにいられない。

<オフィシャルサイト>
http://glory.gaga.ne.jp/
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

夏ですから [もろもろ]

ダンスは大好きだけれど、
フラは今までまったく守備範囲外だった。
正直言って、年配の人がやるダンスというイメージだったのですよ。
それが、このたび初チャレンジしてみたところ、
思いのほか楽しかったのです。

ダンスは音楽を表現するものだけれど、
フラはそれ以上に、言葉とも密接にかかわっている。
歌詞の意味をしぐさで表し、思いを伝える。
そのため、レッスン中に座学もある。
歌詞カードが配られて、
ハワイ語を一つひとつ解釈していく。
そうして歌の世界を表現するところから、踊りが生まれてくる。
とても本能的で、まさに伝統芸能といえる。
ジムのプログラムとしては異色でしょう。

あまり負荷のかからないダンスとして
人気があるのかと思っていたけれど、そうではないね。
フラ、意外と深いよ。

レッスンに参加していた人が、
みな一様に楽しそうだったのが印象的だった。
ウマヘタ関係なく、楽しそうに踊る人が好きだ。

ハワイア~ンな気分になったので、
久しぶりにウクレレで一節。つっても、
牧伸二くらいしか弾けないけど。
IMG_1843.JPG