So-net無料ブログ作成

TRIAD ROCKS@豊洲PIT [音楽]

「TRIAD ROCKS」―Columbia vs Triad―
5月19日(火)
チームスマイル/豊洲PIT

豊洲は夏のにおいがした。
湿った風に潮の気配がする。
今までまったく縁がなく、位置関係もよくわからない土地だったが、
行ってみると都心から案外近いし、アクセスも悪くない。

今回のハコは、まだ半分空き地のような
埋立地に唐突に現れるライブハウス。
体育館のような雑なつくりだが、音も照明もまあまあだ。
なんといっても、冷房がよく効いているのがうれしい(ここ重要)。

さるところからご招待を受けて
(チケット売れなかったらしい……)、
思いがけず行くことになった。
体調イマイチだったのでどうしようかと思ったけれど、
せっかくだからゆるゆる楽しもうと行ってみたのがよかった。
考えてみれば、今年に入ってから
まだ一本もライブに行っていなかった!
生の音が足りていなかったのだと思う。

1組目のLACCO TOWERは時間の都合上みることができず、
二番手のCzecho No Republicから参加した。
名前しか知らないバンドだったけれど、
1曲目が始まった途端に目がバッチリ冴えて、
疲れが一瞬で吹き飛んだ。
体の中に響く低音が心地よくて、落ち着く。
男女ツインボーカルの編成で、男性はベース・ボーカル。
女性はギターとキーボードも担当するという器用さだ。
メロディアスでファンタジックなテイストの
独創的な音は懐の大きさを感じさせる。
スケール感が気持ちかった。

MANTLE 【初回限定盤】

MANTLE 【初回限定盤】

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: 日本コロムビア
  • 発売日: 2014/07/16
  • メディア: CD



3組目はグッドモーニングアメリカ。
こちらも名前しか知らず、初見の方々だ。
冒頭からパンツ一丁の“カメカメファイヤー”だったので
コミックバンドかと思いきや、
なかなか芯のしっかりした音を聴かせる。
スピード感のあるダンサブルなロックンロールだ。
最近の若者はいいギターを持ってるね。

コピペ(初回限定盤)

コピペ(初回限定盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: 日本コロムビア
  • 発売日: 2015/06/10
  • メディア: CD



トリは大御所、吉井和哉。
何度かライヴに行ったことはあるが、
実は最近ほとんど動向をチェックしていなかったので、
もはやファンとは言えまい……。
だけど久しぶりにみた彼は、やはりカッコよかった。
なかでも、「SPARK」「JAM」、
thee michelle gun elephantの「世界の終わり」に
グッと心をつかまれた。
吉井の歌はとても情熱的で、ダイレクトに刺さってくる。
バンドは大変クオリティが高く、
どっしりした安定感がある。
ときどきヴォーカルが聴こえづらい場面もあったけれど、
それもライヴの良さだと思う。
迫力のある音に包まれる心地よさがたまらない。

STARLIGHT (初回限定盤)CD+DVD

STARLIGHT (初回限定盤)CD+DVD

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: 日本コロムビア
  • 発売日: 2015/03/18
  • メディア: CD



SUPERNOVACATION

SUPERNOVACATION

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal Music =music=
  • 発売日: 2015/05/27
  • メディア: CD




吉井和哉は別格として、まったく知らない
バンドをみるのはやはり楽しい。
まだあまり売れていないからこそ、多くの人に
聴いてもらいたいという欲望がむき出しで、
とにかくひたむきなところに惹かれる。
20年ほど前、毎週のように
下北沢のライブハウスに通って
インディーズバンドを追いかけていた日々を
ふいに思い出した。

もういい年なので翌日のことやら体調やら
考えてしまうことが多くなったけれど、
たまには先のことを考えず、エイヤっとやってみるのも大事だ。
これからイベントの多い季節だし、
フットワーク軽めにいってみよう。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

夏向きの [もろもろ]

IMG_1813.JPG

最近使っていなかったブレスレットをばらして
新しく石を買ってきて、夏向きの一本を制作。

緑のはフローライト。
オレンジはカーネリアン。
茶色はスモーキークオーツ。

ちょいと涼しげな感じです。


「ルーヴル美術館展」 [アート]

「ルーヴル美術館展」
日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄

2015年2月21日(土)~6月1日(月)
国立新美術館

今回の展覧会はルーヴルの名がつくものとしては
比較的小規模で、16世紀から19世紀のヨーロッパの作品を
約80点、展示している。
テーマは風俗画、いわゆる日常の生活風景を映す作品群だ。
フェルメールの《天文学者》が注目されているが、
それ以外は、特に名のある作品はほとんどない。

風俗画とカテゴライズされるのは、たとえば
商売をしている様子や街角の様子、
あるいは食事や休息の風景、狩りの風景などである。
主に市井の人々が営む普通の暮らしであり、
現代の私たちの日常に通じるところもあり、親しみやすい。
ヴァラエティ豊かな題材も魅力的だ。
全体を通してみると、
作中に登場する人物たちのリアルな姿や表情が目を惹く。

「すでに、古代において……」と題して
風俗画の起源をひも解くプロローグから始まり、
「労働と日々」「日常生活の寓意」「雅なる風景」
「日常生活における自然」「室内の女性」
「アトリエの芸術家」の6章にわたり、展開される。

「労働と日々」では、
さまざまな仕事を営む人物が描かれる。
なかでも興味深かったのは、《抜歯屋》と題する作品。
街かどで抜歯を行う職業の人がいて、
まさにそこで歯を抜いている。
抜かれている人、それをみている人の表情がひじょうにリアルだ。
さらには、みている人の財布を抜き取ろうとする人もいたり、
一枚の絵にいくつものドラマが展開されていて、
中世の暮らしぶりが垣間見える。

「日常生活の寓意」に分類される
フェルメールの《天文学者》は、ひっそりとした作品だが、
どこまでも繊細で、その描き込みに惹きこまれる。
人物よりも書物や天球儀、簡素な室内の様子なども
まるでフィルムに焼き付けたかのようにリアルに映し出される。

そのほか、悪辣な表情を見せる《徴税吏たち》、
ムリーリョの《物乞いの少年(蚤をとる少年)》、
《旅籠屋で休息する兵士たち》、《鹿狩り》、
レンブラントの《聖家族》、または《指物師の家族》などが印象に残った。

最後に置かれた「アトリエの芸術家」コーナーが興味深い。
自画像と思しき画家自身を描いたものもあれば、
猿を擬人化して描いた作品も2点あった。
模倣をする画家を揶揄して描いたものとされるが、
こうしたシニカルな作品には、画家の人間性が
よりあらわれているようで共感を覚える。

街の様子や服装、生活道具までことこまかに描かれ、
作品の生まれた時代背景や登場人物の社会的立場、
経済状況までも、みてとることができる。
さらには、人々のそばに犬が描かれている作品がことのほか多く、
いつの時代も犬が人間と生活を共にしていることが
分かり、うれしくなった。


ここ数年、都内の主要な美術館が
金曜日20時まで開館するようになり、大変ありがたい。
特に予定がなければ美術館に行くという選択肢が加わり、
時間の有効活用ができるようにも思う。
金曜日の芸術活動もなかなか楽しいものです。


<ルーヴル美術館展オフィシャルサイト>
http://www.ntv.co.jp/louvre2015/


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート