So-net無料ブログ作成

『波の音が消えるまで』 [本]


『波の音が消えるまで』  沢木耕太郎 著

ノンフィクションの名手がエンタテインメントをどう描くか、
期待よりも好奇心が勝ったまま読んだが、
予想していたよりはるかに面白く読めた。
著者の語るストーリーは、
著者自身があこがれた世界、
いわゆるアナザーストーリーだったのではないか。
何かに淫し、とことんやりつくす様をフィクションとして
描き切ることで、思いを解き放ったのではないだろうか。


元カメラマンの伊津航平は写真の仕事をすっかり辞めて
サーフィンをやるためにバリ島に滞在していた。
しかしそれも時期がきたようで、日本に帰ることを決めた。
帰国の途上、香港に立ち寄ったところ、
その日がたまたま英国返還の前日だったため、
香港に宿が取れず、やむを得ずマカオに投宿した。
そこで出会ったのがバカラだ。
何気なく遊びだしたらハマり、数日の滞在予定が
いつしか何カ月にもなった。
その間、劉さんという常連と知り合ったことにより、
航平はますますバカラの深みにはまっていく。
一度は資金づくりのために日本に戻るものの、
バカラに取りつかれた航平は再びマカオへ。
もはや戻れないのか――。

返還直前のマカオ、バカラに熱狂する人々、
昏い過去をもつ航平の人物造形などがポイントを押さえて
リアルに切り取られ、映像を喚起させるのに申し分ない。
ノンフィクションの名手は、エンタテインメント小説でも、
その描写力を存分に発揮した。
さまざまな人物や事象をとことん深くまで突き詰めてきた
著者ならではと言えるだろう。
本書の一番の読みどころであるバカラの場面は、
まるでスポーツ中継のようだ。
臨場感にあふれていて、思わず息をのむ。

果てまで行きつく人の姿を描きながらも、
あまりにもきれいにまとまっていていささか惜しい。
狂気にも似たさらなる果てをみたかったとも思うが、
そこは著者の優しさだろうか、
最後に救いは残されていたのだ。
また、航平の人物造形がいささかできすぎていて、
しかも美女たちにもてまくるというのは少々鼻につくが、
同時に航平と美女たちとのロマンティックな場面は
作中において安らぎを感じさせるものになっていることは否めない。

「波」という言葉は、本書を読み解くキーワードとなろう。
航平がかつて挑んでいたハワイのノースショアの「波」、
バカラの「波」、そして人生の「波」……。
良い時もあれば悪い時もあり、
手に負えない大きさになることもあれば
さざ波のような穏やかさも見せる。
すべてを飲み込んでしまうような大きな波が全編を通して
通奏低音のようにうねりつづけ、最後には
自らを包み込むように静かにひいていった……。

かつて、著者の代表作である『深夜特急』を繰り返し読んだ。
その後、返還前のマカオのホテル・リスボアで
実際に「大小」に興じたこともあった。
あれからもう20年ほどたつが、
その後も著者の作品を読み続け、相変わらず影響され続けている。
本書を読んで、あの頃の想いがふとよみがえってきたように感じた。
これほどまでに熱のこもった著者の作品を読んだのは
久しぶりのような気がする。
湿り気を帯びたアジアの街の熱気が、
ずっと閉じこもっていたものを呼び覚ます。
守りに入っている場合ではない。
やることがいろいろあることを思い出した。

波の音が消えるまで 上巻

波の音が消えるまで 上巻

  • 作者: 沢木 耕太郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2014/11/18
  • メディア: 単行本



波の音が消えるまで 下巻

波の音が消えるまで 下巻

  • 作者: 沢木 耕太郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2014/11/18
  • メディア: 単行本



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「ジミー、野を駆ける伝説」 [映画]


「ジミー、野を駆ける伝説」 (2014)
JIMMY'S HALL
イギリス
2015/01/17公開

監督:ケン・ローチ
出演: バリー・ウォード、シモーヌ・カービー
    ジム・ノートン、アンドリュー・スコット

一貫して労働者階級や移民を取り上げてきた
ケン・ローチの最新作は、
実在した活動家ジミー・グラルトンの生涯を描く。

1932年、アイルランド独立戦争から10年ほど経過し、
ジミー・グラルトンはアメリカから故郷の農村へ帰って来た。
彼は老いた母とともに、穏やかに暮らすつもりだった。
ところがそこへかつての仲間たちが集まり、
以前にジミーが建設したホールを復活させてほしいと懇願する。
ホールとは小さな建物で、農村の人々が
ダンスや音楽、文学や絵画などを楽しむ施設だった。
ジミーの帰還によって、
今ではすっかり寂れて閉ざされたホールがまた
開かれることを人々は心待ちにしていたのだ。
はじめは断っていたジミーだったが、
楽しかった時代を思い出し、再開することを決めた。
また一からはじめ、人が集まりだし、
彼らにようやく笑顔が戻りつつあった頃、
教区の神父がやってきて、
ホールの活動を共産主義に通じるものとして禁止しようとする。
政治的圧力に屈辱を覚えた彼らは、
できる限りの抵抗を試みるのだった……。

緑濃い農村風景とそこで営まれる素朴な暮らし、
かつての恋人や仲間との再会、
ホールでの楽しいひとときなど、
そのすべてが温かくてしみる。
そうした生活こそが最も人間らしいのではないかと思う。
ジミーが恐れたのは、そうした暮らしが失われることではなかったか。
村に訪れた幸せな時間は
理不尽な力によって奪われようとするが、
複雑な世情に翻弄されようとも、彼らの魂は屈しなかった。

ケン・ローチの作品は、
どんなに深刻な状況や切実な思いを描いても、
決してウエットにならず、爽やかな印象を残す。
権力に立ち向かう人々が絶望的な状況にあっても
悲しみにくれることなく、一筋の光を見いだして
心の底に希望を持ち続けているからだろう。

今作も例外ではなく、
決してハッピーエンディングとはいえないのだが、
温かくて爽快なラストを迎えた。
少年少女たちのひたむきな思い、
またそれに応えるジミーの誠実さに胸を打たれる。


<オフィシャルサイト>
http://www.jimmy-densetsu.jp/
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「近藤良平のモダン・タイムス」 [舞台]


「近藤良平のモダン・タイムス」
1月16日(金)、17日(土)
東京芸術劇場プレイハウス


ダンスつながりの友人から
たまたまチケットをいただいて、
近藤良平の舞台を初めて観に行った。
コンドルズが出始めたころからずっと気になっていたのだが、
なかなか観ることができなかったので、とても良い機会になった。

今回の舞台は、一般参加者を募って
ダンスの新しい可能性を発見する試みとして開催された。
テーマは
「ダンスで種まき、ダンスを耕し、ダンスが実る」。
30名の一般参加者に加え、
元ベジャール・バレエ・ローザンヌの小林十市(!)、
篠原ともえ、ミュージシャンのたむらぱんが参加して、
ダンスあり、音楽あり、コメディあり、の
バラエティ豊かなパフォーマンスを繰り広げる。

ジャンルでいえば、いわゆるコンテンポラリーダンスなのだけれど、
既存のジャンルや音楽にとらわれず、自由な発想でつくられている。
全身で表現すること、ただそれだけだ。
だから、同じ振りでも人それぞれに解釈が違い、
その人なりのダンスになる。
一人ひとりの背景や思いまでもが見えてくるのが興味深い。

近藤良平の踊りはダイナミックで大陸的。
シャープなラインが空間を切り裂き、軌跡を見せる。
対して小林十市は、長い手足をフルに動かし、
空気を揺り動かすかのようだ。
小林十市の踊りは、2002年のベジャール公演で観て以来だったが、
変わらぬ元気な姿を観ることができて良かった。

メインアクト以外のダンサーもそれぞれの個性をいかんなく発揮する。
なかでも北尾亘というダンサーがとても良かった。
どこにいてもすぐにわかる、その存在感に惹かれる。

ダンサーたちに囲まれて小林十市がソロを踊る場面が圧巻だった。
また、近藤良平がギターを弾き、小林十市が口笛を披露する
パフォーマンスも意外性があって楽しい時間だった。

こうしたダンス公演は、ダンスを見慣れていない人には
ハードルが高い印象があるだろうが、
篠原ともえとたむらぱんの参加によって
親しみのもてるものになったのではないだろうか。

演じる彼らがとても楽しそうで、
観ているこちらも自然と笑顔になる。
あれだけ自由に体を踊らせることができるというのは
どんな気持ちだろう。
自分ももっと踊りたい。踊らなければ、と思う。
モチベーションあがっちゃうな。
さて、今年は何を踊ろうか。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇