So-net無料ブログ作成

「生誕300年記念 若冲展」 [アート]

「生誕300年記念 若冲展」
2016年4月22日(金)~5月24日(火)
東京都美術館

不安的中とは、このことよ。
会期が短いうえ、これから繁忙期に入るので
時間が取れる日が読めず、金曜日の夜間開館をねらったら大行列だ。
入館まで雨の中を1時間強並び、
中に入れば大混雑で作品まで近づくこともままならない。
10年以上前に三の丸尚蔵館で展示されたときは無料だったのに、
いつの間にこんなに人気が出たのだろう。
NHKの大々的なプロモーションも影響したのだろうが、
あまりにも混みすぎだ。
そんなわけで、あまりゆっくり鑑賞できなかったが、
それでも観に行ってよかった。
見逃したら一生後悔するところだった。

会場の中は、まさに若冲ワンダーランド。
想像していたよりも大きな作品が多く、
ずらりと並ぶ展示に圧倒される。
どの作品を見ても、伸びやかで緻密で、
創作に対するあふれんばかりの情熱がうかがえる。

鳥や水生動物、植物、虫などあらゆる生き物が
鮮やかに描かれ、その躍動感と表情豊かな描写に
目を奪われまくりだ。
「かわいい!」という声がこれほど聞かれる美術展も珍しいだろう。
なかでも《竹虎図》に描かれた
虎のまんまるお目目のチャーミングさったらなかった。
また、若冲が想像たくましく描いた“象”の奇怪ながらも
愛らしい姿に思わず釘付けになる。

今回もっとも注目されている作品群は
京都の相国寺に所蔵されている釈迦三尊像だ。
すっとぼけたような表情が人間味あふれていて、
かつて見た釈迦三尊像とはまったく違って面白すぎる!
鮮やかな色彩も相まって、親しみの持てる作品に仕上がっている。
聖なる人物というよりも、絶大なる信頼感を抱く隣人のようでもある。

全体を通して印象的だったのは、
鳥の羽や花々の描写に用いられた“白”だ。
一色のように見えて、その陰影は無数にも及ぶ。
少し離れた位置から見れば、立体感を帯びて迫ってくるのだ。
一色でこれほどの表現を可能にする技とは……若冲おそるべし。

会期が約1カ月しかないというのはずいぶんひどい。
これでは、よほど時間がある人しかじっくり観られないではないか。

本ブログ内で何度も書いてきたが、
日本では芸術に触れる機会がまだまだ限られている。
文化を育む土壌が欧米と異なりすぎるのだ。
文化的な財産を私たちが目にする機会はもっと多くてもいいはずだ。

これから行く予定の方、混雑状況をチェックしてください。
できれば時間のたっぷりあるときに、
細部までじ~~っくり鑑賞していただきたいものです。

若冲ワンダフルワールド (とんぼの本)

若冲ワンダフルワールド (とんぼの本)

  • 作者: 辻 惟雄
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/03/28
  • メディア: 単行本



<「若冲展」オフィシャルサイト>
http://jakuchu2016.jp/

nice!(11)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 11

コメント 6

うつぼ

これ、最寄り駅にどでかい看板が出ていたので見ようと思いつつ
え、1か月だけ??と驚いた記憶が。。
山種美術館で若冲を観たので、大混雑の中に入っていこうか
まだ葛藤してるんですが、姐さんのコメントを観たら覚悟して
行こうかなあという気持ちになっています。
by うつぼ (2016-05-08 10:05) 

lucksun

>うつぼ姐さん
たった1カ月の展示ってちょっと驚きですよね。
なんでも、宮内庁がなかなか貸し出してくれないという
事情があるそうですが……。
今回の展示は、動植綵絵と釈迦三尊像が一堂に会する
たいへん貴重な機会のため、これを逃すと
観る機会は二度とないかもしれない、とのことです。
そりゃー、混雑しますよね(笑)。
わたしも並ぶの覚悟で行きましたが、
やっぱり行ってよかったと思いました。
体力と時間があればぜひ!
by lucksun (2016-05-08 18:21) 

nyonyo

私の行ったときは3時間弱待ち~長蛇の列を写真に収めて帰りました;;
釈迦三尊像、動植綵絵はなかなか見られないのですね、みてみたかったです。
by nyonyo (2016-05-18 20:33) 

lucksun

>nyonyoさん
3時間待ちはすごいですねー! それでもみんな並ぶというのがまたすごい。迫力のある作品が多く、やっぱり観てよかったと思いましたけれど、この混雑ぶりはいかがなものかと思います。
今回は残念ですが、若冲を観る機会は、きっとまだまだあります。

ちなみに京都ですが、

細見美術館
http://www.emuseum.or.jp/index.html

京都国立博物館
http://www.emuseum.or.jp/index.html

でも、若冲の展示にふれることができますよ~。
それにしても、ブームってすごいですね。

by lucksun (2016-05-18 21:52) 

luces

僕が行った時は80分でした。長いなと思いましたが
今の大混雑を聞く驚きます。
当日は作品になかなか近づけず、持っていったオペラグラスが
大活躍しました。
by luces (2016-05-21 21:34) 

lucksun

>lucesさん
今回、待ち時間の長さがかなり話題になっていますね。通常の感覚では80分は相当に長いですが、ニュースを見た後では短いと感じてしまうのも、異常かと思います。
オペラグラスを持っている人は、ふだんの展示よりも多かったみたいですね。私も持っていけばよかったーと思いました。
by lucksun (2016-05-22 18:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0