So-net無料ブログ作成
検索選択

遺作となってしまったアルバムと、その前作 [音楽]

「HITnRUN phase one」
「HITnRUN phase two」
先ごろ亡くなったプリンスの新譜とその一作前のアルバム。

“phase one”が出たときに、1があるということは
2もあるということだろうと確信して、心待ちにしていた。
そして、“phase two”リリースを目前にした
4月21日、殿下のとつぜんの訃報がとびこんできた。
朝起きてニュースをチェックして、思わず絶句した。
ペイズリー・パークの奥底に眠っているのだろう
相当な数の未発表楽曲を聴く機会はもはやないのだろうか。
くー、悔しい。

さて、遺作となってしまった「HITnRUN phase two」。
全体的に、ファンクというよりロック色が強く、
なんともキャッチーで聴きやすい。
1曲目の「BALTIMORE」からラストの「BIG CITY」まで
美しいメロディーの楽曲がバランスよく配され、
落ち着いていて良質なバンドサウンドを楽しめる。
「HITnRUN phase one」と比べると、少々地味な印象を受ける。
どちらかといえばバリエーション豊かで華やかな
“phase one”のほうが好みだけれど、
“phase two”も悪くない。
まだ聴きこんでいないせいもあるかもしれない。
もしかしたら、聴けば聴くほどなじんでくるのかもしれない。


最初にプリンスを知ったころは、なんじゃこりゃと思っていたけれど
いつの間にか好きになって、
何度も繰り返し聴くうちにどんどん好きになって、
新作が出るたびに変化していく作風に、ずっと魅了され続けた。

音楽も本も美術もそうだけれど、
作品ごと、時代ごとに変わっていく人が私は好きだ。
チャレンジングかつポジティブで、
そうした作品にふれるごとにエネルギーがチャージされる。

ああ、また惜しい人をなくしてしまった。
David Bowieの喪失をまだひきずっているというのに。
リリースのたびに追いかける人を失うと、本当に寂しいものです。


Hitnrun Phase One

Hitnrun Phase One

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Npg
  • 発売日: 2015/09/14
  • メディア: CD



Hitnrun Phase Two

Hitnrun Phase Two

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Npg
  • 発売日: 2016/04/29
  • メディア: CD



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0