So-net無料ブログ作成

『小松とうさちゃん』 [本]


『小松とうさちゃん』  絲山秋子 著


このところ立て続けに刊行の続く
絲山秋子の最新作。
書影に地味めなおじさんのイラストを配すとは、
なかなかの大胆さではないかと思う。
これは、シャレオツな女性読者は手に取りにくいのではないか?
わたしはもちろん、そんなことなどまるで気にせず、
すかさず手に取りましたけれども。


大学の非常勤講師を勤める小松尚、52歳。
仕事で新潟に向かう新幹線の車中で
同い年の長崎みどりと知り合い、好感を抱く。
しかし、それまであまり恋愛経験のなかった小松は
どうしたらよいのかわからず、みどりの年賀状に返事も出せない。
そんな小松の相談相手となるのは、
飲み屋で知り合い、その後同僚のように仲良くなった宇佐美。
一見普通のサラリーマンだが、
40歳を過ぎてネトゲにはまり、抜け出せずにいる。

みどりに対してどう接したらよいのか考え込む小松、
人にはいえない怪しげな仕事をしているみどり、
実社会よりネトゲで深刻な状況に陥る宇佐美。
この三人を語り手に、日々を暮らすなかで
持ちうるさまざまな感情が、それぞれの目線からつづられる。

日常やそれぞれの事情に対する愚痴やぼやきなども少々あるが、
どちらかといえば屈託はあまり感じられない。
三人とも自分の置かれた境遇を受け止めていて、
それでもあきらめたり腐ったりすることなく
日々を生きていく姿に、どこか潔さも感じられてくる。
彼らの人柄が浮かび上がるにつれ魅力は増し、
最後にはかわいらしく見えてくるのが不思議だ。
登場人物たちに対する著者の愛情深さゆえではないだろうか。

中年と呼んでいい年頃の彼らのリアルな日常が
あまりにも自然に展開するので、
時折、著者の存在を忘れかけた。
まるで彼らが勝手に行動し、話し出すかのよう。
著者の持ち味である、言葉をていねいに選び抜いた文章と
軽妙でテンポのよい会話が物語をスムースに読ませるためだろう。

最後の展開はあまりにも意外で、思わず笑ってしまった。
あっという間に読めてしまうが、読み終わったとたん
また最初から読みたくなる。
一つひとつの文章を何度も味わいつくしたい。
ひっそりとしてはいるが、絲山作品のなかでも
好きな作品の一つになりそうだ。

小松とうさちゃん

小松とうさちゃん

  • 作者: 絲山秋子
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2016/01/19
  • メディア: 単行本



nice!(15)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 15

コメント 2

ミホ

確かにこの表紙の本を電車の中で見かけたら二度見してしまうかも(笑)。
歳と共に(あたりまえなんですが)、同じ世代の主人公の本や著者の本を好むようになってきました。自分の生活圏にはあまりなじみの無い世界を垣間見れそうで面白そうですね。
by ミホ (2016-03-23 12:50) 

lucksun

>ミホさん
著者も内容も知らずにこの表紙をみたら、
ちょっと引いてしまいそうですよね(笑)。

>歳と共に(あたりまえなんですが)、同じ世代の主人公の本や著者の本を好むようになってきました。

私も同じです。やっぱり、自分と同じ世代が何を考えているのか、とかが気になるからなんでしょうか。(フィクションではありますが)世の中いろんな人生があるんだなあ、と思えてきます。
この本は、中年の微妙な心模様が描かれていて、面白かったです。
by lucksun (2016-03-27 23:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0