So-net無料ブログ作成

『ヒア・カムズ・ザ・サン』 [本]

『ヒア・カムズ・ザ・サン』東亰バンドワゴン 
小路幸也 著

The Beatlesの曲名を冠した人気シリーズも、巻を重ね10作になった。
ほぼ年に一度の刊行なので、本書で約10年目ということになる。
早いものだ。

作中では、堀田家の藍子、紺、青はそれぞれ結婚し、
いまでは全員が子を持つ身となった。また、
一家の主人、勘一の昔なじみのかずみちゃんも加わり、
もはや全部で何人いるのかわからない。
しかも、ほぼ全員が同居しているという状態だ。
大家族ということばがふさわしいというより、もはや
通り越してひとつのコミュニティをなしているともいえよう。
さらには、古本屋を営んでいるから当然、来客も多い。
だから堀田家はいつもたいそうにぎやか。
ミニマルな家庭に育った身としては、読むたび羨ましく思う。

夏から春へ、一年を通して季節ごとに四つのストーリーが収録されている。
古本屋“東亰バンドワゴン”にふりかかる
出来事や謎を主軸に展開し、その周りに
家族やご近所、知人・友人たちのさまざまな事情が描かれる。

幽霊さわぎ、区立図書館の謎の本、
宮内庁からやってきた招かれざる客……。
家族を中心に解決するそうした出来事を小さな物語とするなら、
家族に起きるライフイベントの数々は大きな物語をなすといえるだろう。
本書では、中学3年生の研人の受験と進路がみんなを悩ませた。
研人は、希望する高校に合格できるのだろうか?
――結果は最終章で知らされることになる。

シリーズが始まったころには、古本屋を営む家族を描く
シンプルで微笑ましいホームドラマだったが、
物語の進行とともに、堀田家にまつわる歴史が徐々に明らかになってきた。
どうやら、単なる町の古本屋にあらず。
思わぬ役目を負う、由緒正しい存在だったのだ。

本シリーズの語り手であるサチ(勘一の亡き妻。つまり実体ではない)が
それぞれの出来事を見届けたうえで締めくくる言葉が、
毎度しみじみと心に響く。
本書では、最終章で語られる言葉が深い余韻を残している。

人生というこの広い広い空は、曇って、雨が降って、雪が降って、 霰(あられ)も降るかもしれません。 風が吹き荒び、嵐が続くかもしれません。 それでも、ありふれた言葉ですけれど、お天道さまはまた出るのです。 しかも、必ず同じ方角から昇ってくるのですよ。 (略) 転んでも立ち上がればいいんです。泥に汚れても顔を上げれば、 ぐるりと見回せば、必ずお陽様は昇ってきます。顔を出してくれます。 〈ヒア・カムズ・ザ・サン〉 そうして、自分を信じて、そこへ、向かって歩き出せばいいんです。

サチの温かなまなざしで切り取られる堀田家の物語を読むうち、
いつしか彼らと同じ時を過ごしているように感じられてくる。
もう少し、いやずっと、堀田家の人々を見つめていきたい。

ヒア・カムズ・ザ・サン 東京バンドワゴン

ヒア・カムズ・ザ・サン 東京バンドワゴン

  • 作者: 小路 幸也
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2015/04/24
  • メディア: 単行本



nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0